http://で始まるこのページは保護されていません。。。SSLページに移動する。

徳島県 >  徳島県 染色関連工業 >  徳島市 >  南佐古 >  紺屋九代目岩吉藍染店
紺屋九代目岩吉藍染店

紺屋九代目岩吉藍染店

5月5日のうち登り、現在は、鯉のぼりを室外に建てることは、非常に困難な時代になってしまいました。 紺屋いわきちは、マンションに飾れ、タペストリーに天然藍染筒描きで世界一枚しか無い染色絵画で仕上げました作品です。

〒770-0036
徳島県徳島市南佐古六番町4−1
スポンサーリンク

ボタンを押して投票に参加しよう!

お薦め!
利用したい
アクセス188回(過去30日)口コミ 1件 お薦め 0票 利用したい 0

店舗情報 紺屋九代目岩吉藍染店

スポンサーリンク

紹介文 紺屋九代目岩吉藍染店

紺屋とは、江戸時代の身分制社会において、庶民の衣類は、木綿、麻、色は藍、茶、墨の三色が中心となり、藍染の染色技術が発達し、作り出されたのが藍染筒描です、自由な紋様表現が可能な染色技術です、藍染の布は、紀元前2500年頃からミイラーに巻いた布が発見されています、「復活」の意味があります、中国では、出藍の誉れ、日本では褐色(勝つ色)と言われ武士に好まれ、藍布は、古来、幸を招き、富を呼び、願いを叶える布として、喜ばれる物で有りました、親は、晴れ婚儀、子供の誕生人生の節目に町の紺屋に特注して作らせた物です、判りやすく言うと友禅技法です、糯米の糊を布に筒で置いて、糊防染をして、色を挿し、その上に糊を、置き、それ以外を、天然藍で染める、技術を持った職人です、詳しくは、日経新聞2013年9月8日、9月15日の美の美の筒描き下(9月15日)下で、小さな灯し現代の匠が守る紹介された紺屋のいわきち、9代、10代古庄岩吉です。柳宗悦先生が絶賛した民藝運動の一つで江戸時代の藍染め夜着、火消半纏の裏に吉祥紋様描き、江戸の粋の始まりだと思われます、明治以降は、表に出して描きている、江戸の粋の名残りは、男物の着物の羽織りの裏に絵を縫い付けるのが名残です紺屋いわきちの天然阿波藍染は発酵菌なので、手や体や衣類に染色体が付着します。これが江戸時代の藍染の特徴です。
筒描染は、裏勝染とも言われている。創業明和5年(1768年)
店舗情報登録/変更はこちら(無料)

写真 紺屋九代目岩吉藍染店

5月5日のうち登り、現在は、鯉のぼりを室外に建てることは、非常に困難な時代になってしまいました。
...
写真投稿はこちら
スポンサーリンク

口コミ 紺屋九代目岩吉藍染店

{.handle}}さん

さん 投稿日:2022/05/13

5月5日のうち登り、現在は、鯉のぼりを室外に建てることは、非常に困難な時代になってしまいました。 紺屋いわきちは、マンションに飾れ、タペストリーに天然藍染筒描きで世界一枚しか無い染色絵画で仕上げました作品です。

の写真

利用規約(投稿に際しての注意事項)を必ずお読みいただいてから送信してください。

商品紹介 紺屋九代目岩吉藍染店

スポンサーリンク

近隣の同業他社

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連カテゴリー

閲覧履歴(最近見たページ)

掲載事業者様へ

なび徳島の情報掲載は全て無料です。みんなに紺屋九代目岩吉藍染店様のことをもっと知ってもらえるよう情報発信しませんか。

・店舗情報(営業時間、業種など)
・紹介文・写真・SNS(ツイッターなど)
・商品登録・予約情報・求人情報 など

下のボタンから掲載していただけます。

店舗情報登録/変更はこちら(無料)
スポンサーリンク